烏有文集 二〇二〇年一月

[][][]

2020.01.16 [木] 2019年のプレイスコア
2020.01.17 [金] 震災から25年
2020.01.18 [土] 油をすくうみたいな
2020.01.19 [日] 柑橘チューハイ
2020.01.20 [月] エウレカセブンDVD
2020.01.21 [火] 小説投稿サイト
2020.01.22 [水] グリムのネタバレはきつい
2020.01.23 [木] お好み焼き
2020.01.24 [金] グリム ラストメッセージの妙
2020.01.25 [土] 体調不良
2020.01.26 [日] しょうゆさしの定型
2020.01.27 [月] 新型コロナウイルス
2020.01.28 [火] ヘクセンビーストという魔女
2020.01.29 [水] 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』
2020.01.30 [木] ダウン中
2020.01.31 [金] 『JOKER』届く

2020.01.16 [木]
2019年のプレイスコア

ツイッターのハッシュタグ「#見るだけで争いがおさまりそうな画像を貼る」を見かけて、ひとつ画像を引用しました。

 

 

引用元はプレイステーションストアの『ポポロクロイス物語』の紹介ページです――(https://www.jp.playstation.com/software/title/ucjs18003.html)

ポポロクロイス物語は、まだ十代のころ、プレイステーション本体を買って間もない時分に購入して遊んだソフトでした。絵本を読んでいるような感覚になれる心温まる成長物語です。ピエトロとナルシアのつながりとか、心打たれるストーリーが詰まってました。ハッシュタグを見かけてすぐにこれがいいなと思ったので画像を引用しました。

さて、2019年の自分のアカウントのプレイ実績が出てくる特設サイトがあったので、さっそく自分のスコアを確認してみました。(こんなにしっかり出てくるのには驚きました。)

 

 

 

 

思った以上に2019年はゲームを遊べていませんでした。最長プレイ時間のゲームですら29時間です。ディアブロ3、ひぐらし、ドラゴンズクラウン、たしかによく遊んだ感覚はあるけれど、一度遊んだらそれで満足してしまって、なかなか次を遊ばなかった印象を持っています。2020年はプレイにどんな変化が訪れるのか、一年後を楽しみにしています。

2020.01.17 [金]
震災から25年

阪神大震災から25年が経ちました。次の年には大阪に一年間住んでいながら、一度も現地に足を運びませんでした。震災に関するアルバイトでパソコン業務をしていたこともありました。仕事中、被災状況を写真映像でいろいろ見ても、現地に行くことは自分の行動オプションに入っていませんでした。そういう場所を見ることに抵抗がありました。むしろ恐れていたというほうが正しいです。

わたしの住む地域は大きな災害に見舞われたことがほぼほぼありません。どんなに大事件、大災害が起ころうと、自分の身に痛みや苦しみが覆いかぶさってこないことには、本当のところは見えてこないんだと思います。ただ六千人以上が命を落とした災害であったということが、ことの大きさを示しています。

災害を無くすことはできないのだから、起こったときになにができるかということを考えないといけないのだと思います。テレビでもいわれますね。「命を守る行動を」と。自然を侮ることなく、うぬ惚れることなく、いつどこでなにが起きるかわからないということだけでもちゃんとわきまえていたいと思います。

震災以前よりも、震災以後のほうが期間的に長くなりました。当時はまだ十代――高校生でした。朝は何も気づかず、帰ってきてから事態の深刻さを知ったように思います。95年はほんとうに遠く感じられます。でもあの頃といまと、社会は、変わったところもあれば変わっていないところもあって、思い返してみても、何が良くて何が悪かったのか、いまだに見えてこない時代であったと思っています。

とにかく25年という歳月になにかの意味を視ていたくなるところであります。ご冥福をお祈りいたします。

2020.01.18 [土]
油をすくうみたいな

 

 

仕事帰りに買ってきました。堅あげポテトって、ポテトを油で揚げているというより、油をポテトですくって食べてるようなこてこて感があって、ジャンクジャンクしてるそんな風味が、わたしは嫌いじゃない!

梅味が出てくると、シーズンなのかなという感じになってきますが、それはイメージ先行によるもので、本当の梅の時期ではまったくないのでしょうし。季節感とか、食べ物の旬とかいう概念が現代はことごとくぶっこわれてる気がします。特に大衆レベルでは。

たとえばふきのとう(蕗の薹)は積もった雪が温かい日差しにゆっくり融けている小川の畦なんかにぽつぽつ芽吹いているのを採ったりするのがよいのだけれど、今季は雪すらがまともに降ってくれない。積もってくれない。冬ってこんなだったっけという肩透かし感でいっぱいです。どうしてこうなった、っていいたくなる。冬に積もる雪が大好きな四十路のわたしです。

2020.01.19 [日]
柑橘チューハイ

 

 

こちらも昨日とおなじく、仕事帰りにコンビニで買ってきました。柑橘系のチューハイにはめっきり弱いわたしです。見かけたらついつい手が伸びてしまいます。でも、たんかんって知らないですよ。はっさくとか、日向夏とか、ライムとか、グレフルとか、夏から秋、冬にかけていろんな商品を見ました。いまのチューハイは、フルーツ味がメインなのですね。いわゆるカクテルみたいのって、もうはやらないんでしょうか。ときおり、カクテルパートナーみたいのを飲みたくなります。

ラーメンは和歌山らーめんとどこが違うんだろうと思うくらいに味が似てました。おなじ日清だしねえ。たまにはこういうのもいいですね。

2020.01.20 [月]
エウレカセブンDVD

 

 

今月の大型の買い物――エウレカセブンのDVD-BOXです。

ツイッターでつぶやいたら、ふだん頂けないような方からもいいねを頂戴しました。朝七時に放送されていたかつてのアニメということで、こちらの予想以上に、当時、視て、楽しんでらした方がいらしたことを思い知りました。

さっそく2話分見ました。二話目のオープニングでうるっときてしまった。そしてエンディングでも同様に。音楽に弱いのですね。きっと。カットバックドロップターン。50話もあるなんて、普通の1クール、2クールのアニメと違って、腰を据えてじっくり視られるのがいいですよ。これからしばらく楽しめます。

『ユリ熊嵐』はまだ5話目までしか視られてないけど(ぼそっ)

2020.01.21 [火]
小説投稿サイト

小説をひとつ書き終わりました。推敲して、すぐにネットにアップしました。

 

 

 

空気は何処へ - 作家でごはん
https://sakka.org/training/?mode=view&novno=17775

空気は何処へ - 小説家になろう
https://ncode.syosetu.com/n3771fz/

うえの二つのサイトにアップロードしています。ごはんのほうはコメント、メタくそに書かれそうですけど、それもまたよし。

2020.01.22 [水]
グリムのネタバレはきつい

今朝、しょっぱなに、焼きそばを作りました。キャベツ、しめじ、豚肉のみを具材にして、粉末ソースと、カゴメの中濃ソースを合わせて味付けしました。手抜きといわれても仕方ない。でも、10分ちょっとでささっと作ったので、ご容赦ください。

 

 

『グリム(GRIMM)』の第2シーズン、全22話を視終りました。どんどん面白くなっていきます。ラストシーン、そうなると思ってたでしょ、みたいなメッセージがよかった。実は、ウィキペディアで先の展開を知ってしまったこともあって、ニックが陥る窮地についてはすでに判明していました。その点、第一印象を自分の中に持つことができなかったのは不幸なことでした。できれば、なにも知らない状態で視たかった。このドラマに関しては、ネタバレはきついです。筋を楽しさに惹きつけられて視よう視ようという気になるドラマだからこそ。

2020.01.23 [木]
お好み焼き

今日つくった料理。二つ。

 

 

 

お好み焼きは材料がほとんどなくても、なんとかなるものですね。飛騨清見ソースを使って作りました。おそばも、5束いくらのをまとめて買ったので、今日も茹でました。

2020.01.24 [金]
グリム ラストメッセージの妙

グリムの第二部終わりと、第三部はじまりのラストカットには文章が出ていて、その文言のシャープな切れ味がよかったので、思わずスクショしてしまいました。

 

 

 

2020.01.25 [土]
体調不良

体調不良でずっと横になってました。横になりながら、延々、グリムを視てました。

2020.01.26 [日]
しょうゆさしの定型

きょうのグリム。

 

 

醤油さしが出てきました。やっぱりこの形なんですね。

2020.01.27 [月]
新型コロナウイルス

新型コロナウイルスが流行っているのに、日本国内の対策不備が気になって仕方ない。危機管理能力がないのと、責任を取りたくなくて先頭に立って行動する人がいないのと、マスコミの情報のうすっぺらさと、どうせ国内でもウイルスはばらまかれることになるのでしょう。どうせ流行ってからもまともな対策は望めないでしょう。

2020.01.28 [火]
ヘクセンビーストという魔女

グリム第三シーズン観終わり。鍵がもう一個手に入る。グリムの一人が登場。ヘクセンビースト気持ち悪いけど、ブロンドは悪くないけどどうみでも悪女なのでもやります。

2020.01.29 [水]
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』を読み終わりました。話の内容の細部を忘れているので、新鮮な気持ちで再読を楽しめています。拷問のシーンについても、ウイスキーの瓶がいくつも割れてその匂いが立ち昇っているシーンにしても、臨場感の感じられるものになってました。

2020.01.30 [木]
ダウン中

体調の悪いのがかれこれ六日間くらい続いてしまってます。病院へ行けばいいのに足が遠のいてしまって行きづらい。放っておけば、そのうちなんとかなるさという気持ちで、今日と明日は仕事休みなのでゆっくり過ごすつもりをしています。

グリムの第4シーズンの16話まで視終りました。これで借りてきたものをすべて見たことになります。まだあと十数巻あるので、楽しめる時間はずいぶん長いのですが、それでもいつか終わりが来てしまうのですね。名残惜しく感じるんだろうな。この種のドラマは二周するのも面白いかもしれないので、ほかに視るものがなければいずれ二周目を視る日も来るかもしれません。やっぱり海外の、ファンタジックな作品が好物なので、こういう作品にはまるととことんのめりこんでしまいます。いい作品に出会いました。

2020.01.31 [金]
『JOKER』届く

月末は体調を崩しているうちに、月終りまで来てしまいました。損した気分です。

映画『JOKER』のパッケージが届きました。前半一時間分をブルーレイで視ました。映画館の没入感と違って、あまり迫力が感じられなかったのは、こちらのコンディションの問題なのかな。もうすこし重苦しい作品だと思っていたんだけど、それは初見の優位性みたいなものだったのかもしれません。でも、視ていて、次第に重苦しくなっていく直前辺りまでしか今回はまだ視ていないので、後半どんな印象に変わってくるのか、続きも楽しみです。

[][][]

Author : sougen

inserted by FC2 system